ページの先頭です
メニューの終端です。

公的年金からの特別徴収

[2016年2月25日]

ID:282

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

10月から公的年金からの村民税・県民税の特別徴収(天引き)が始まっています

4月1日現在、65歳以上の年金受給者で、前年中に年金所得に係る村民税・県民税の納税義務がある人を対象に10月支給分の公的年金から引落す制度が始まっています。

対象の人には、「納税通知書」で特別徴収する金額・時期等をお知らせしています。また、年金保険者(社会保険庁)より送付されている年金振込額の通知からも村民税・県民税の引落し額が確認できます。

この制度で、公的年金から引落されるのは年金所得の金額から計算した村民税・県民税額のみです。給与所得や事業所得などの金額から計算した村民税・県民税は、これまでどおり給与からの引落し、または納付書で納めていただきます。

なお、所得や所得控除額等が増減して税額が変更になった場合、亡くなった場合等には引落すことができなくなります。このような場合、税務課より送付される納付書にて納めていただけますようお願いいたします。

お問い合わせ

長生村役場税務課

電話: 0475-32-2113

ファクス: 0475-32-1486

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム