ページの先頭です
メニューの終端です。

か行

[2016年3月1日]

ID:399

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

財政用語辞典(か行)

財政に関する資料にはあまり聞き慣れない言葉が多く使われています。

村では、これら財政に係る用語を辞典形式で公表しています。

基金

特定の目的のために定額の資金を積み立てるもの。(いわば村の貯金こと)基金の種類は、財政調整基金、減債基金、地域福祉基金、教育施設整備基金、八積駅周辺環境整備基金等があげられる。

基準財政収入額

地方公共団体の財政力を測定するため、一定の方法により算定した基準となる数値のこと。(地方交付税法第2条第4項)市町村の算定については、【標準税率で算定した法定普通税及び事業所税、利子割交付金、配当割交付金、株式等譲渡取得割交付金、地方消費税交付金、自動車取得税交付金】それぞれの収入見込額の100分の75の額と、地方揮発油譲与税、特別とん譲与税、自動車重量譲与税、市町村交付金、交通安全特別交付金等の収入見込額の合計で算定する。

基準財政需要額

地方公共団体の財政需要を合理的に測定するため、一定の方法により算定した額のこと。(地方交付税法第2条第3項)具体的には、地方公共団地が合理的かつ妥当な水準で行政を運営し、施設等を維持した場合にかかる経費等を算定したもの。行政項目ごとに【測定単位の数値×補正係数×補正費用】で算定される。

義務的経費

村の歳出の中で、支出が義務付けられている節減できない経費のこと。一般的には人件費、扶助費、公債費等があげられる。

繰越明許費

予算のうち、予算成立後の事由によって、その年度内に終わらない見込みのものについて、翌年度に繰り越して執行するものをいう。

形式収支

現金主義に基づき、単純にその年度の歳入決算額から歳出決算額を差し引いたもの。

経常的経費

毎年経常的に支出されるもの。具体的には人件費、扶助費、公債費、毎年支払われる物件費等があげられる。

決算統計

地方公共団体における決算に関する統計資料である。正式には地方財政状況調査といい、毎年総務省により実施される。

公債費

地方公共団体が借り入れた地方債の元利償還金をいう。

お問い合わせ

長生村役場企画財政課

電話: 0475-32-4743

ファクス: 0475-32-1194

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム