ページの先頭です
メニューの終端です。

風しんにご注意ください

[2018年9月7日]

ID:903

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

風しんにご注意ください

千葉県内では風しん患者が増加しています。予防接種を2回受けていない方や予防接種歴が不明な方で、発熱、発疹など風しんを疑う症状が現れた場合は周囲への感染を防ぐため、必ず事前に医療機関に電話連絡でその旨を伝え、医療機関の指示に従って受診しましょう。

なお、受診時は、公共交通機関等の利用を避けるとともに、妊婦との接触を避けてください。

風しんとは

風しんウイルスの飛沫感染によっておこる感染症です。潜伏期間は2~3週間で主な症状は、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどです。

また、妊娠初期の妊婦が風しんにかかると、心疾患や白内障、聴力障害などの障害をもった赤ちゃんが産まれる可能性があります。

感染予防

 風しんの予防には予防接種が有効です。

・風しんの定期接種の対象者は早めに予防接種を受けましょう。

・30歳代から50歳代の男性、妊娠を希望される女性や抗体を保有しない妊婦と同居されている方、妊婦と接触する機会が多い方で、予防接種を2回受けていない方や予防接種歴が不明な方は、かかりつけ医などに相談の上、抗体検査や予防接種を検討しましょう。

風しん抗体検査

千葉県では風しん抗体検査を無料で実施しています。

対象者や検査委託医療機関などの詳細については、千葉県ホームページをご覧ください。


https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/kansenshou/fuushinkoutaikensa.html



風しんにご注意くださいへの別ルート