ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症への対応について

[2020年6月9日]

ID:1240

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症について

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について

5月25日、緊急事態宣言が解除されました

千葉県では、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、外出の自粛要請等の措置が行われてきました。
令和2年5月25日に緊急事態宣言が解除されたことや県内の感染状況等を踏まえ、5月26日午前0時から外出自粛等の協力要請等を緩和するとともに、施設の使用停止要請を一部解除することとなりました。

また、今後も県内の感染状況や近隣都県の状況等を踏まえたうえで、段階的な解除・緩和を進めることとなっています。

村民、事業者の皆さまには、引き続き、感染拡大防止対策にご理解・ご協力をお願いします。

千葉県からの具体的な協力要請内容については、

千葉県ホームページ「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について(5月25日)」 をご覧ください。

千葉県の協力要請の基本的な考え方

1.国の基本的対処方針に沿って、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく協力要請を行う。
2.徹底して「3つの密」の発生を避ける行動を取っていただくよう、県民・事業者の意識に訴えかけることを重視し、県一丸となって感染拡大防止対策に取り組む。
3.外出の自粛や施設の使用制限要請等を緩和しつつ、段階的に社会経済の活動レベルを引き上げていく。
4.「新しい生活様式」の定着による感染拡大の防止と社会経済活動の維持の両立を目指す。
5.再度、感染の拡大が認められた場合には、速やかに感染拡大防止対策等を講じる。
6.地域は千葉県全域とし、期間は令和2年5月26日からとする。

☆知事メッセージ(5月26日)


新型コロナウイルス感染症に関する一都三県知事による共同メッセージが発出されました

令和2年5月19日(火曜日)に、一都三県知事によるテレビ会議が開催され、新型コロナウイルス感染症に関する共同メッセージが発出されました。

※千葉県ホームページ「一都三県知事による共同メッセージについて」

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

〇発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。

〇発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

〇基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。

2.帰国者・接触者相談センター等に御相談いただく目安

〇少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

 ☆息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

 ☆重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

 ☆上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

 (症状が4日以上続く場合は必ず御相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

〇相談は、帰国者・接触者相談センターへ

 [平日]

 電話番号 0475-22-5167(長生保健所)

 対応時間 平日の午前9時から午後5時まで(土曜、日曜、祝日を除く)

 ※聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での御相談が難しい方はファクスを御利用ください。

  ファクス  0475-24-3419(長生保健所) ・ 043-224-8910(千葉県疾病対策課)

  (ファクスによる御相談の場合、回答までにお時間をいただく場合があります。)

 [土曜、日曜、祝日及び平日時間外]

 電話番号 0570-200-613(コールセンター)

 対応時間 24時間

 (妊婦の方へ)

  妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。

 (お子様をお持ちの方へ)

  小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

 ※なお、この目安は、国民の皆さまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

3.医療機関にかかるときのお願い

〇複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

〇医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

緊急事態措置の延長について

5月4日、緊急事態措置を実施すべき期間が5月31日まで延長されました。

村民の皆さまにおかれましても、引き続き感染防止対策にご協力をお願いします。

なお、役場窓口等において感染予防の対策を行っています。ご了承をお願いします。

併せて、来庁せずに行える手続きの活用や、来庁する時期をずらせるものついてはずらしていただくなど、混雑緩和にご協力をお願いします。

[千葉県の措置内容]

(1)県民の皆さまへ 外出の自粛の要請等

〇生活の維持に必要な場合を除き、昼夜を問わず、みだりに自宅等から外出しないでください。

 職場への出勤は、外出自粛等の要請から除くが、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤等、人との交わりを低減する取り組みを今まで以上に推進。これまで、外出自粛要請をお願いしてきた週末及び平日夜間に加え、平日昼間についても外出自粛を要請する。

〇商店街やスーパーマーケット等における感染拡大防止について

 生活必需品の購入のため、商店街やスーパーマーケットに行くことは安定的な生活の確保のために必要なことですが、買い物に出かける人数を必要最小限に絞るとともに、混雑時を避けてください。

〇公園等の利用について

 公園において散歩等を行うことは、健康維持のために必要なことです。
 ただし、その際には少人数で混雑時を避け、人と人との距離を適切にとってください。
 また、地域などの話し合いなどにより、混雑しないように使い方を工夫してください。

〇「人との接触を8割減らす、10のポイント」について

 あなたと身近な人の命を守れるよう、日常生活を見直してくださるようお願いします。

 ※「人との接触を8割減らす、10のポイント」

〇生活の維持に必要な場合の例

 通院、社会福祉施設への通所、食料品・医薬品・生活必需品の購入、健康維持のための散歩・運動、在宅では出来ない仕事など

 ※事業者の皆さまには、感染防止措置を十分に行っていただきたい。

〇外出自粛をお願いしたい例

 「三つの密」のある施設への入場、同居家族以外の多人数での会食への参加、キャバレー、ナイトクラブ等の遊興施設など

(2)事業者の皆さまへ 感染防止措置に関する協力をお願いします

「三つの密」を避けるような対策を講じる。

入場者の整理、発熱等症状のある者の入場禁止、手指消毒設備の設置、施設の消毒、マスクの着用などを入場者に周知するなどの措置を行う。
また、食堂、レストラン、喫茶店、居酒屋等を管理する事業者の皆さまには、適切な感染症防止対策を講じたうえで、事業を継続していただいているところですが、午後7時以降の夜間は酒類の提供を控えていただくよう協力を要請します。

〇商店街やスーパーマーケット等における感染拡大防止について

1.通常の来店客数を大幅に上回るなど、人が密集する状況となった場合には、適切に入場制限を行うとともに、一方通行の誘導を行ってください。 
2.入店や会計を待つ場合に、行列の位置の指定を行うなど、人と人との距離を適切にとるようにしてください。
3.人が触りやすい扉や、共用部の定期的な消毒、入店前後における手指衛生等を行ってください。
4.会話時には距離を確保し、対面時にはパーテーションを設置するなどして、感染防止に努めてください。

(3)催物の開催に関する協力をお願いします

感染の拡大につながるおそれのある催物(イベント)の開催自粛
「三つの密」を避けられない場合は開催自粛

新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力を!

新型コロナウイルスの感染が、全国的に拡大し、緊急事態措置が実施されています。

《知事メッセージ(4月20日千葉県への移動の自粛要請)》

千葉県では、国の緊急事態措置を受け、県民・事業所の皆さんへ、外出の自粛や休業の協力要請を行っているところですが、更なる感染拡大防止に向け、県内外からの観光客等の人の動きを抑制するため、県外の皆さんに対して、広域的な移動を自粛し、それぞれの地域に留まっていただくことをお願いする「知事メッセージ」が発せられましたのでお知らせします。

長生村においても、感染拡大防止策として、海岸駐車場の閉鎖を行っています。ご理解、ご協力をお願いします。

千葉県ホームページ「ちばコレchannel」


《村民の皆さんへのお願い》

生活の維持に必要な場合を除き、昼夜を問わず、みだりに自宅等から外出しないでください。

感染症拡大のリスクを高める環境である「換気の悪い密閉空間」、「多数が集まる密集場所」、「間近で会話や発声をする密接場面」という「三つの密」を避ける行動を徹底いただくようお願いします。

石鹸によるマメな手洗い、手指消毒用アルコールによる消毒や咳エチケットの徹底など、一人ひとりの感染症対策の実施がとても重要です。

更なる、感染症対策に努めていただきますようお願いします。

〇商店街やスーパーマーケット等における感染拡大防止について

生活必需品の購入のために、商店街やスーパーマーケットに行くことは安定的な生活の確保のために必要なことですが、買い物に出かける人数を必要最小限に抑えるとともに、混雑時を避けるようお願いします。

〇大型連休の外出自粛について

大型連休になりますが、行楽、観光など不要不急の外出は控えていただけますよう、お願いします。

<大型連休に向けた一都三県共同キャンペーン「いのちを守る STAY HOME 週間>

<千葉県ホームページ:「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく新たな措置内容について(追加措置4月24日)>

〇役場来庁時のマスクの着用及びアルコール消毒のお願いについて

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、庁舎への来庁に当たり、できる限りマスクの着用及び入口でのアルコール消毒をお願いします。
また、以下の症状をお感じの方は、庁舎への来庁を控え、各部署等への要件は、できる限り、電話、メール、郵送等による方法でご対応いただきますよう、ご協力をお願いします。

・発熱がある

・倦怠感(だるさ)がある

・咳や喉の痛みなどの風邪症状がある

緊急事態措置(休業要請等)に関する電話相談窓口について

緊急事態措置電話相談窓口(千葉県)の設置について

 令和2年4月7日の緊急事態宣言を受け、千葉県では、外出の自粛要請に加えて、施設の使用制限(休業要請)を令和2年4月14日(火曜日)午前0時から、5月6日(水曜日)までの間、要請することとなりました。

 千葉県からの要請等の内容や、県民・事業者の皆さまからの疑問や不安にお応えするため、電話相談窓口が設置されました。

1.相談内容

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく、措置の内容について

  1.外出自粛の要請

  2.施設等の使用制限(休業要請)等

2.電話番号

  043-223-4310

3.受付時間

  平日 午前9時から午後5時まで

※千葉県ホームページ「緊急事態措置電話相談窓口の設置について」

長生村新型コロナウイルス感染症対策本部の設置について

 村では、村民の皆さまの感染防止を強化するため、2月21日付けで「長生村感染症対策本部」を設置し、全庁的な情報共有や、今後の対策等を協議する「長生村感染症対策本部会議」を随時開催してまいりました。

 4月7日、新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第1項に基づく緊急事態宣言が発出されたことを受け、同法第34条第1項の規定に基づき「長生村新型コロナウイルス感染症対策本部」に移行しました。

 引き続き、医療機関等との連携を強め、感染予防に取り組んでまいります。

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口(コールセンター)の受付時間及び電話番号が変更されます

これまで県庁で実施していた電話相談窓口(コールセンター)の受付時間を24時間体制に変更します。

なお、これに伴い電話相談窓口の電話番号が変更になります。

また、健康福祉センター(保健所)における相談窓口の受付時間と電話番号は従来どおりです。


1 新しい電話番号  0570-200-613

              (従前の電話番号043-223-2640については3月19日までで終了となります)

2 受付時間      24時間(土・日・祝日も開設)

3 変更期日      令和2年3月19日(木曜日) 午前9時~

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために

国内では、散発的に小規模に複数の患者が発生している例がみられます。この段階では、濃厚接触者を中心に感染経路を追跡調査することにより感染拡大を防ぎます。

今重要なのは、今後の国内での感染の拡大を最小限に抑えるため、小規模な患者の集団(クラスター)が次の集団を生み出すことの防止です。

※ 「小規模患者クラスター」とは感染経路が追えている数人から数十人規模の患者の集団のことです。

<感染経路の特徴>
◆これまでに国内で感染が明らかになった方のうち8割の方は、他の人に感染させていません。

◆一方、スポーツジム、屋形船、ビュッフェスタイルの会食、雀荘、スキーのゲストハウス、密閉された仮設テントなどでは、一人の感染者が複数に感染させた事例が報告されています。

このように、集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために

村民の皆さまへ

◆ 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

◆ イベントを開催する方々は、風通しの悪い空間や、人が至近距離で会話する環境は、感染リスクが高いことから、その規模の大小にかかわらす、その開催の必要性について検討するとともに、開催する場合には、風通しの悪い空間をなるべく作らないなど、イベントの実施方法を工夫してください。

これらの知見は、今後の疫学情報や研究により変わる可能性がありますが、現時点で最善を考えられる注意事項をまとめたものです。

引き続きマスクの着用、咳エチケット、手洗いを励行するとともに、発熱等がある場合の外出を控えていただくようお願いいたします。

※ 咳エチケットとは、個人が咳・くしゃみをする際にマスクの着用やティッシュ・ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえることです。


長生村感染症対策本部の設置について

村では、これまでの新型コロナウイルスに関する感染状況の情報収集や村民の皆さまへの周知活動を行ってきましたが、感染が拡大していることを受け、村民の皆さまの感染防止を強化するため、2月21日付けで、「長生村感染症対策本部」設置いたしました。

引き続き関係機関等との連携を強め、感染予防に取り組んでまいります。

家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合に、<家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~>が公表されました。

詳しくは以下の添付ファイルをご覧ください。

●部屋を分けましょう

●感染者のお世話はできるだけ限られた方で

●マスクをつけましょう

●こまめに手を洗いましょう

●換気をしましょう

●手で触れる共有部分を消毒しましょう

●汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう

●ゴミは密閉して捨てましょう

家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。

飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

日常生活で気を付けること

まず手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。


発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。

発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定し記録してください。

こんな方はご注意ください

次の症状がある方は「帰国者・接触相談センター」にご相談ください。

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の症状が2日程度続く場合

※ 妊婦の方は、念のためお早めに


センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

帰国者・接触者相談センター

平日(月曜日~金曜日) 午前9時~午後5時

※ 聴覚に障害がある方をはじめ、電話での御相談が難しい方は、ファクスをご利用ください。

  (ファクスによる御相談の場合、回答までにお時間をいただく必要があります。)

  ≪長生健康福祉センター(保健所)≫

   (電話番号) 0475-22-5167

   (ファクス)  0475-24-3419

土曜日・日曜日・祝日 午前9時~午後5時

   ≪電話相談受付(県庁)≫

   (電話番号) 043-223-2989

   (ファクス)  043-224-8910

 ※ 上記の時間以外は長生健康福祉センター(保健所) 0475-22-5167におかけください。 コールセンターでの対応となります。

一般的なお問い合わせなどはこちら

その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

厚生労働省の電話相談窓口

   (電話番号)0120-565653

   (受付時間)午前9時00分~午後9時00分(土曜日、日曜日・祝日も実施)


   ※聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方 

    (ファクス) 03-3595-2756

千葉県の電話相談窓口

電話相談窓口(コールセンター)の受付時間が24時間体制となります。

これに伴い、電話相談窓口の電話番号が変更になります。

   (電話番号) 0570-200-613

   (対応時間) 24時間体制(土曜、日曜、祝日も開設)

   (対応内容) 新型コロナウイルス関連肺炎感染症に関する相談

            感染予防に関すること

 ※ 変更期日  令和2年3月19日(木曜日) 午前9時~

 ※ 従来の電話番号 043-223-2640は3月19日をもって終了となります。

関連リンク

新型コロナウイルス感染症情報のLine公式アカウントが開設されました

お友達追加はこちらから

https://lin.ee/qZZIxWA

Qrコードはこちらから

新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を確認することができます。

正しい手の洗い方・正しいマスクの着用について

感染症対策へのご協力をお願いします

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

緊急事態宣言が発令されました

 令和2年4月7日、政府より緊急事態宣言が発令されました。これにより、千葉県を含む7都府県は、5月6日までの間、緊急事態措置を実施することになりました。千葉県においては、下記のとおり措置内容が示されましたので、村民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましても、以下のとおり感染防止対策にご協力をお願いいたします。

(1)外出自粛の要請

 生活の維持に必要な場合を除き、昼夜を問わず、みだりに自宅等から外出しないでください。職場への出勤は、外出自粛等からの要請からは除かれますが、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤等、人との交わりを今まで以上に推進してください。これまで、外出自粛をお願いしてきた週末及び平日夜間に加え、平日昼間についても外出自粛を要請します。

※生活の維持に必要な場合の例

 通院、社会福祉施設への通所、食料品・医薬品・生活必需品の購入、健康維持のための散歩・運動、在宅ではできない仕事など。

※外出自粛をお願いしたい例

 「密閉・密集・密接」の「3つの密」のある施設への入場、同居家族以外の多人数での会食への参加、遊興施設など。

(2)事業者の皆さまへ 感染防止措置に関する協力をお願いします。

 「密閉・密集・密接」の「3つの密」を避けるような対策を講じてください。

 入場者の整理、発熱等症状のある人の入場禁止、手指消毒設備の設置、施設の消毒、マスクの着用などを入場者に周知するなどの措置を行ってください。

(3)催物の開催に関する協力をお願いします。

 感染の拡大につながる恐れのある催物(イベント)の開催は自粛してください。

 「密閉・密集・密接」の「3つの密」を避けられない場合は、開催を自粛してください。

新型コロナウイルス感染症への対応について

 長生郡市内において、新型コロナウイルス感染症患者の発生が確認されたため、村では4月2日より下記のとおり対応することとしました。

 村の施設の対応

 ・風邪症状等のある方は、村の施設への来庁を控えていただきます。

  〇発熱がある 〇倦怠感(だるさ)がある 〇咳やのどの痛みなどの風邪症状がある

 ・窓口申請において、可能なものは、郵送、電話、メール等を活用してください。

 ・各課の窓口の感染予防対策として、カウンターにアクリル板を設置します。

  カウンターや、ボールペン等は適宜消毒を実施します。

 ・待合スペースは、着座間隔を確保し、待合用椅子を増設します。必要に応じて番号札を活用します。

 ・定期的に換気を実施します。

管内居住者に感染症患者が発生した場合の対応

お問い合わせ

長生村役場健康推進課

電話: 0475-32-6800

ファクス: 0475-32-6802

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


新型コロナウイルス感染症への対応についてへの別ルート