ページの先頭です
メニューの終端です。

三世代同居・近居住宅支援事業補助金について

[2021年6月9日]

ID:1469

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

事業概要

親・子のどちらか、もしくは、その全部の世帯が村外から転入し、三世代(親・子・孫)で同居または近居をする人を対象に、住宅費用の一部を予算の範囲内で補助します。

詳しくは以下をご確認ください。

事業概要(まとめ)(別ウインドウで開く)

※近居とは・・・親または子の世帯のどちらかが村内で住宅取得等により転入し、もう一方の世帯が村内や近隣市町(茂原市、一宮町、睦沢町、白子町)内に居住していること

申請手続きの流れ

事前相談書の提出

補助金の交付を受けるためには、住宅取得などにかかる契約を結ぶ前に、事前相談書を提出する必要があります。

「長生村三世代同居・近居住宅支援事業補助金事前相談書」に必要事項を記載の上、以下の書類と合わせてご提出ください(正副各1部ずつ)。

※令和3年度に限り、村への転入日が令和3年4月1日以降の場合、契約後に事前相談書を提出することができます。

事前相談書と併せて提出する書類

(1)三世代同居または近居をしようとする住宅の位置図

(2)三世代同居または近居をしようとする住宅の平面図および延べ床面積を確認することができる書類

(3)住宅取得等に係る見積書の写し

(4)三世代同居または近居をしようとする世帯全員の住民票の写し

(5)三世代同居または近居をしようとする世帯全員の戸籍全部事項証明書または戸籍謄本

(6)住宅の工事および販売を行う法人または個人事業者の所在地のわかる書類
※「事業概要(まとめ)」に記載の加算額(1)、(5)を利用する場合のみ

(7)母子健康手帳等の写し
※子が出産予定の場合のみ

(8)定期券の購入に係る領収書または定期券の写し
※「事業概要(まとめ)」に記載の加算額(4)を利用する場合のみ

(9)三世代同居または近居をしようとする世帯全員の村税等の滞納がないことを明らかにする書類
(村税等納税調査同意書等)

◎必要書類については以下のチェックリストにより確認し、事前相談書と一緒に提出してください。

事前相談チェックリスト(別ウインドウで開く)

交付申請書の提出

事前相談書の提出後、三世代同居または近居を開始した日(村に転入した日)から1年以内に、「長生村三世代同居・近居住宅支援事業補助金交付申請書」を提出する必要があります。

必要事項を記載の上、以下の書類と合わせてご提出ください。

交付申請書と併せて提出する書類

(1)事前相談書の副本

(2)「誓約書兼同意書」

(3)三世代同居または近居をした住宅の位置図
※事前相談書を提出した時から変更がある場合のみ

(4)三世代同居または近居をした住宅の平面図および延べ床面積が確認することができる書類
※事前相談書を提出した時から変更がある場合のみ

(5)三世代同居または近居をした世帯全員の住民票の写し

(6)三世代同居または近居をした世帯全員の村税等の滞納がないことを明らかにする書類
(村税納税調査同意書等)

(7)住宅取得等に係る契約書等の写し

(8)住宅取得等に係る経費の明細が確認することができる領収書等の写し

(9)補助の対象となる住宅の登記事項証明書の写し

(10)補助の対象となる住宅の建築確認検査済証の写し

交付請求書の提出

交付申請書の提出を受けて、提出した書類の内容に問題が無ければ、役場から「長生村三世代同居・近居住宅支援事業補助金交付決定通知書」が届きます。

「長生村三世代同居・近居住宅支援事業補助金交付請求書」に必要事項を記載の上、企画財政課までご提出ください。

【フラット35】地域連携型の申請について

本事業の対象者で、住宅金融支援機構の長期固定金利住宅ローン【フラット35】を利用される場合、「【フラット35】地域連携型」の利用申請が可能です。

一般のフラット35に比べて、当初5年間の借入金について金利0.25%の引き下げ等の優遇を受けることができます。

利用を希望する場合は、村で証明書を発行する必要がありますので、事前相談の際にお申出ください。

【フラット35】地域連携型について(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

長生村役場企画財政課

電話: 0475-32-4743

ファクス: 0475-32-1194

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


三世代同居・近居住宅支援事業補助金についてへの別ルート