ページの先頭です
メニューの終端です。

家庭訪問

[2016年2月25日]

ID:336

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1.保健師による新生児訪問

赤ちゃんやお母さんが健康で過ごせるよう、保健師による家庭訪問を実施しています。
出産後は1か月以内に保健師が家庭訪問をし、赤ちゃんの体重計測をしたり、予防接種についての ご案内させていただいたりします。

内容

  • 赤ちゃんの体重計測、赤ちゃんの体調に関する相談
  • お母さんの体調に関する相談
  • 予防接種の進め方(予診票をお渡しします)
  • 医療機関の受診の仕方
  • 子育て世帯応援事業として、広域市町村圏組合指定ごみ袋(30L用)を、4袋お渡しします。

実施時期

赤ちゃんが生まれて、1か月以内を目安に訪問します(病院での1か月健診を受診する前)。
里帰りする方は、里帰り先の保健師による訪問を受けられます。
里帰り先での訪問を希望する場合、長生村保健センターへ一度ご連絡ください。

2.乳児家庭全戸訪問事業

生後4か月までを目安として、保健衛生推進員が赤ちゃんとお母さんの健康状態をうかがいに訪問し ます。
保健衛生推進員とは、村から委嘱され、地域の皆さんが健康で明るい生活ができるよう、住民と村の パイプ役となり活動しています。

※どちらの事業も、訪問にうかがう前に必ずご連絡をいたします。