ページの先頭です
メニューの終端です。

成年年齢引下げに伴う新成人の消費者トラブルにご注意ください

[2022年6月7日]

ID:1798

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

成年年齢引下げに伴う新成人の消費者トラブルにご注意ください

民法改正により令和4年4月1日から成年年齢が18歳になりました。

成人になると、親などの法定代理人の同意がなくても、自分の意志で契約ができたり、高校生でもローンを組んだり、クレジットカードが作れるようになります。

未成年者の場合、親などの法定代理人の同意がない契約については取り消すことができますが、成人になると民法の「未成年者取消権」に基づく取り消しができなくなります。そのため、保護がなくなったばかりの高校・大学在学中の新成人をねらい打ちにする悪質な業者がいます。

新成人をターゲットにした悪質商法によるトラブルに巻き込まれないようご注意してください。

契約や買い物は、しっかりと「考えて」から。

問い合わせ先

契約や買い物で「困ったな」と思ったら

消費者ホットライン188

貸金業に関する問い合わせ

日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター 0570-051-051

関東財務局 千葉財務事務所 理財課 043-251-7214

警察に対する相談は

♯9110

お問い合わせ

長生村役場産業課

電話: 0475-32-2114

ファクス: 0475-32-1486

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


成年年齢引下げに伴う新成人の消費者トラブルにご注意くださいへの別ルート