ページの先頭です
メニューの終端です。

緊急通報装置の貸与

[2016年2月25日]

ID:198

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

緊急通報装置の貸与

事業概要

ひとり暮らしの高齢者や高齢者世帯等で、健康に不安を感じている人を対象として、急病等の緊急時に装置本体(またはペンダント)のボタンを押すことで、コールセンターに通報できる装置や火災警報器を貸与します。

コールセンターでは、通報者の安否を口頭で確認し、状況に応じ、協力員や救急機関(消防署等)へ連絡します。

  • 本事業で使用する機器は、固定電話に設置します(携帯電話や携帯電話網回線を利用した固定電話しかお持ちでない場合は利用できません)。
  • 電話回線がNTTアナログ回線及びデジタル回線(ISDN)以外の場合は、装置が正常に動作しない可能性があります。詳しくは「回線別利用可否一覧」をご覧ください。

対象者

村内に住所を有し、かつ、次のいずれかに該当する村税の滞納のない世帯。

  1.  高齢者(65歳以上)のみの世帯
  2.  身体障がい者のみの世帯  ※身体障害者手帳1~3級に該当する人

個人負担金

毎年7月1日を基準とし、住民基本台帳および住民税課税額、村税の納税状況等を調査し、個人負担金を決定します。個人負担金が発生する人には、納付書により納めていただきます(役場から郵送します)。

 (1) 住民税非課税世帯 個人負担なし

 (2) 均等割課税世帯  月額 300円

 (3) 所得割課税世帯  月額 500円

  • 緊急通報装置の取り付け工事費用は無料です。
  • 機器を稼働するために必要な電気料金や電話料金は、別途かかります。

申請に必要なもの(申請書類には署名・押印が必要です)

(1) 緊急通報装置貸与申請書(第1号様式)

(2) 緊急通報装置協力員等届出書(第2号様式)

 ※ 協力員等届出書には以下の人の登録(署名・押印)が必要です。

  • 協力員(緊急時に利用者宅に駆けつけて状況を確認する近所の人等)3名
  • 緊急時連絡先(親族の人等)1名

(3) 誓約書及び同意書(第3号様式)(同意書は利用者が住宅の所有者の場合不要)

(4) 電話料金領収書等契約回線が確認できるもの(利用可能回線か判断するため、可能な限り用意してください)

 

  • 協力員のお願いをできる人がいないなど特別な事情がある場合は、お住まいの地区担当の民生委員までご相談ください(民生委員が事前に訪問した上で協力員となります)。
  •  緊急時において、協力員の人が訪問できない場合は、外部協力員(警備会社など)が現地確認に伺います。

申請書類ダウンロード

Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

申請・問い合わせ先

福祉課 福祉係(長生村総合福祉センター内)

その他

  • 機器の設置には、配線のためのクギ打ちや機器類固定のためのネジ止めなどが必要になることがありますので、賃貸住宅などは、管理人や家主の人の承諾が必要となる場合があります。
  • 機器の設置(利用開始)後、次に該当する場合はご連絡及び届出(緊急通報装置貸与資格変更・喪失届)をお願いいたします。
  1.  住所・電話番号・緊急時の連絡先など、申込書に記入した内容に変更があるとき。
  2.  入院・施設入所・転出・死亡などで緊急通報装置を使わなくなったとき(機器を返却していただきます)。

届出書類ダウンロード

Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

長生村役場福祉課

電話: 0475-32-2112

ファクス: 0475-32-6812

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


緊急通報装置の貸与への別ルート