ページの先頭です
メニューの終端です。

児童手当

[2016年2月25日]

ID:126

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

制度の概要

児童手当とは、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを社会全体で応援するという趣旨のもとに、中学生以下のお子さんを養育されている方に支給する手当です。

支給対象

長生村にお住まいで、満15歳以後の最初の3月31日までにある子ども(中学校修了まで)を養育している方。

支給額

支給額一覧
区分所得制限以下の受給者所得制限を超えた受給者
(平成24年6月分から)
0~3歳未満月額15,000円(一律)月額5,000円(一律)
3歳~小学校終了前第1子・第2子 月額10,000円月額5,000円(一律)
3歳~小学校終了前第3子以降 月額15,000円月額5,000円(一律)
中学生月額10,000円(一律)月額5,000円(一律)

※「第3子」とは、養育する18歳に到達する日以降最初の3月31日までにある子どもの中で数えた場合です。

所得制限(平成24年6月分から適用)

所得制限一覧
扶養親族等の数
所得制限限度額(万円)

収入額の目安(万円)

0人

622.0

833.3

1人

660.0

875.6

2人

698.0

917.8

3人

736.0

960.0

4人

774.0

1002.1

5人

812.0

1042.1

手続

受付窓口

  • 長生村役場健康推進課(保健センター)(請求者が公務員の場合は勤務先)
請求に必要な書類

ご用意いただくもの

認定請求書

窓口に用意してあります。

健康保険被保険者証等の写しまたは年金加入証明書

健康保険被保険者証または年金加入証明書は請求者のものが必要です。

請求者名義の金融機関の口座番号

請求者以外の口座には振り込めません。

印鑑

認印可(シャチハタ不可)

児童手当用所得証明書

申請年の1月1日に長生村に住所がない場合は、1月1日(1月から5月分の申請は前年の1月1日)に住所があった市町村が発行する児童手当用所得証明が必要となります。

その他必要書類

請求者と児童の住所が異なる場合
・住民票及び別居監護申立書

支給方法

児童手当は、原則として、毎年6月、10月、2月の15日に、それぞれ前月分までの手当を支給いたします。
ただし、15日が土曜、日曜、祝日にあたる場合は、その直前の平日に振り込まれます。

現況届

児童手当を受給している方は、毎年6月に「現況届」を提出しなければなりません。この届の提出がないと、6月以降の手当が受給できなくなりますのでご注意ください。