ページの先頭です
メニューの終端です。

国保で受けられる給付

[2016年2月25日]

ID:178

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

給付の種類一覧

給付の種類

こんなときは必要なものどんな給付が
療養の給付病気、けが、歯の治療を受ける医療機関の窓口に保険証を提示してください医療費の7割は国保で負担します。
療養費緊急、やむを得ない理由で保険証が使えなかった場合・保険証
・診療報酬明細書
・印鑑
・支払った費用の領収書
必要書類を添えて申請してください。審査をして、保険適用分について支払いが受けられます。
療養費看護料、移送費・看護または移送に関する医師の証明書
・看護または移送に要した費用の領収書
・印鑑
・保険証
必要書類を添えて申請してください。審査をして、保険適用分について支払いが受けられます。
療養費コルセットなどの治療用補助装具・医師の診断書または同意書
・補装具に要した費用の領収書
・印鑑
・保険証
必要書類を添えて申請してください。審査をして、保険適用分について支払いが受けられます。
療養費輸血の生血代・医師の診断書
・領収書
・印鑑
・保険証
必要書類を添えて申請してください。審査をして、保険適用分について支払いが受けられます。
出産育児一時金被保険者が出産したとき・印鑑
・保険証
・直接支払制度の合意書
・出産費用の明細書、または領収書
42万円支給されます。
葬祭費被保険者が死亡したとき・印鑑
・保険証
・葬儀費用の領収書、または会葬礼状
・施主名義の預金通帳
5万円支給されます。
高額療養費1カ月(暦月)に、同一病院等で保険診療の対象となる一部負担金が、一定額を超えたとき
高額療養費について、詳しくはこちら
・印鑑
・病院等の領収書
一定額を超えた額が高額療養費として支給されます。

給付制限されるもの

  • 犯罪によるけがや病気
  • けんかをしたためのけがや病気
  • 無免許、酒酔い運転により起こした自損事故によるけが

交通事故等に関する届出について

第三者行為による医療費は、原則として加害者が負担すべきもので損害賠償に含まれます。

国民健康保険(国保)では、加入者が交通事故など、第三者の行為によって傷病を受けた場合、国保被保険者証を使って治療を受けることができます。これは、本来、第三者(加害者)が責任に応じて負担すべき治療費や介護給付費を、保険者(村)が一時的に立て替え払いをするもので、後日、保険者(村)から第三者(加害者)へ請求いたします。

なお、国保被保険者証を使って治療を受けるには、村への届出が必要になります

※村へ届け出る前に、第三者(加害者)から治療費を受領したり、示談を済ませてしまいますと、後日、村から第三者(加害者)に請求(求償)する際に不都合が生じる場合があります。必ず示談の前に届け出をしてください。

国保でみてもらえないもの

  • 正常な妊娠・出産
  • 歯列矯正
  • 美容整形
  • 健康診断
  • 予防注射
  • 仕事中のけが(労災制度)
  • 社会保険等の継続診療中のもの

お問い合わせ

長生村役場住民課

電話: 0475-32-2115

ファクス: 0475-32-1486

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム