ページの先頭です
メニューの終端です。

介護給付の種類

[2016年2月25日]

ID:217

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

要介護度別に利用限度がありその範囲の中でサービスを選択し利用します。原則、サービス費の1割または2割を介護サービス事業者に支払い、残りは保険給付されます。

介護保険で受けられるサービス

~要介護度に応じてサービスを組み合わせたり、介護保険施設の利用も~

居宅サービス
種類サービスの内容
訪問介護
(ホームヘルプサービス)
訪問介護員(ホームヘルパー)が居宅を訪問して入浴・排せつ・食事等の介護・日常生活上の世話を行うサービス。
訪問入浴介護居宅を訪問して、浴槽を提供して入浴の介護を行うサービス。
訪問看護看護師等が居宅を訪問して、療養上の世話または必要な診療の補助を行うサービス。
訪問リハビリテーション理学療法士や作業療法士等が居宅を訪問して理学療法、作業療法、その他必要なリハビリテーションを行うサービス。
居宅療養管理指導医師、歯科医師、薬剤師等が居宅を訪問し、療養上の管理や指導を行うサービス。
通所介護
(デイサービス)
デイサービスで入浴、食事の提供等の日常生活上の世話、機能訓練を行うサービス。
通所リハビリテーション
(デイケア)
介護老人保健施設、病院等に通い、当該施設において理学療法、作業療法、その他必要なリハビリテーションを行うサービス。
短期入所生活介護
(ショートステイ)
短期入所施設等に短期入所し、当該施設において入浴・排せつ・食事等の介護その他の日常生活上の世話・機能訓練を行うサービス。
短期入所療養介護介護老人保健施設、療養型病床群等に短期入所し、当該施設において看護、医学的管理下における介護・機能訓練・その他必要な医療および日常生活上の世話を行うサービス。
特定施設入所者生活介護有料老人ホーム、介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス)等に入所している要介護者等について、介護サービス計画に基づき入浴・排せつ・食事等の介護・その他日常生活上の世話・機能訓練および療養上の世話を行うサービス。
福祉用具貸与厚生労働大臣が定める福祉用具の貸与を行うサービス。
特定福祉用具購入入浴または排せつの用に供する福祉用具等が購入費の対象となります。(年間10万円までが限度で、その1割または2割が自己負担です)
居宅介護住宅改修手すりの取り付けや段差解消、和式から洋式便器への取替え等が対象となります。(20万円までが限度で、その1割または2割が自己負担です。原則1回に限り。1回の改修で20万円を使い切らずに、数回に分けても使えます)
居宅介護支援
(ケアプラン作成)
要介護者等による住宅サービスの適切な利用等が可能となるよう、要介護者等の心身の状況、置かれている環境、意向等を勘案して居宅サービス計画を作成し、この計画に基づく在宅サービスの提供が確保されるよう、事業者等との連絡調整その他のサービスの提供を行い、要介護者が介護保険施設に入所する場合には、介護保険施設への紹介その他のサービスの提供を行うサービス。
施設サービス
種類サービスの内容
介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)への入所
介護老人福祉施設入所者に、施設サービス計画(介護保険施設入所者について、施設が提供するサービスの内容、担当者等を定めた計画)に基づいて、介護等の日常生活上の世話・機能訓練・健康管理および療養上の管理を行うサービス。
介護老人保健施設への入所介護老人保健施設入所者に、施設サービス計画に基づいて看護、医学的管理下における介護および機能訓練、その他必要な医療ならびに日常生活上の世話を行うサービス。
介護療養型医療施設への入所療養病床等の入所者に、施設サービス計画に基づいて療養上の管理・看護・医学的管理下における介護等の世話および機能訓練・その他必要な医療を行うサービス。
地域密着型サービス
種類サービスの内容
小規模多機能型居宅介護
【介護予防小規模多機能型居宅介護】
施設への通いを中心に、利用者の選択に応じて、居宅への訪問や短時間の宿泊を組み合わせ、多機能なサービスを提供します。
看護小規模多機能型居宅介護小規模多機能型居宅介護と訪問看護を組み合わせることで、通所・訪問・短時間の宿泊で介護や医療・看護のケアを提供します。
地域密着型特定施設入居者生活介護定員が29人以下の介護専用型特定施設で、食事・入浴・排せつなどの介護や、日常生活上の世話、機能訓練などを提供します。
地域密着型
介護老人福祉施設入所者生活介護
定員が29人以下の小規模な介護老人福祉施設で、介護や日常生活上の世話、機能訓練などを提供します。
定期巡回・随時対応型訪問介護看護日中・夜間を通じて、定期的な巡回と随時の通報により居宅を訪問し、入浴・排せつ・食事などの介護や、日常生活上の緊急時の対応を行います。
認知症対応型通所介護
【介護予防認知症対応型通所介護】
認知症の人が、食事・入浴などの介護や機能訓練などを日帰りで行います。
認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
【介護予防認知症対応型共同生活介護】
認知症の人が共同生活する住居で、食事・入浴などの介護や機能訓練などを行います。
夜間対応型訪問介護定期巡回または通報による夜間専用の訪問介護を行います。
地域密着型通所介護定員が18人以下の小規模な通所介護施設で、食事・入浴・排せつなどの日常生活上の支援や、機能訓練などを日帰りで行います。

お問い合わせ

長生村役場福祉課

電話: 0475-32-2112

ファクス: 0475-32-6812

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム