ページの先頭です
メニューの終端です。

村税の猶予制度について

[2017年8月10日]

ID:692

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

村税の猶予制度について

徴収猶予

 納税者または特別徴収義務者に次のような事情があり、村税を一度に納付することができないときは、申請に基づいて審査を行い、認められた場合は原則として1年以内の期間、村税の徴収を猶予します。

  1. 災害を受けたり、盗難にあったりしたとき
  2. 本人や生計を一にする親族が病気にかかったり、負傷したりしたとき

  3. 事業を廃止または休止したとき

  4. 事業につき、著しい損失を受けたとき

申請による換価の猶予

 納税者または特別徴収義務者が村税を一度に納付することにより、次のような事実に該当すると認められる場合において、村税の納付について誠実な意思を有すると認められるときは、申請に基づいて審査を行い、認められた場合は原則として1年以内の期間、滞納処分による財産の換価を猶予します。

  1. 事業の継続を困難にするおそれがあると認められるとき
  2. 生活の維持を困難にするおそれがあると認められるとき

「換価」とは

 滞納処分により差押えられた財産を金銭に変えて、滞納になっている村税に充てるための手段のことです。

お問い合わせ

長生村役場税務課

電話: 0475-32-2113

ファクス: 0475-32-1486

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


村税の猶予制度についてへの別ルート